« モテギ通信 | トップページ | 11月イベント »

2007年10月31日 (水)

MOTO1モテギ最終戦

予選が中止になるほどの前日土曜の豪雨でしたが、そんなハードな状況で行われたmoto3ファイナルは激しいレース展開で盛り上がりをみせました。 ってイカン、雨でリザルト表無くした・・・ちょっと確認して後UPなツモリ。

unlimited

うってかわって好天の日曜では練習走行にタイムアタックを組み込んだ変則運行になりました。ファイナルのunlimitedでは終始ダントツの速さをみせた#7小林(cobee)選手_HusqSM510Rがポールtoフィニッシュで余裕のチェッカー。序盤は喰らい付いていた#69和泉(AD/tac)選手_BMW G650Xmotoでしたが転倒で調子を乱しポジションを大幅に落としてしまいました。代わって2位争いは#28千葉選手_XR650と#58河合選手_HusqSM510Rに絞られました。

今期はボアアップ車輌のエントリーが禁止されて出走台数が激減してるunlimitedクラスですが、バラエティに富んだマシンで走る個性的なライダーの意地の張り合いがサイコーです。レースである以上、1位を狙うのは当然ではありますが、自分が乗りたいマシンでべストを尽くすってなーオトナの楽しみ方を称えるのも粋なもんです。 #57の丸山さんなんて希少車のVORで走ってんですよー! こ・壊れたらドーすんだろ・・ドキドキ

http://www.mfj.or.jp/user/contents/race_result2007/motard/result/r07_unlimited.html

moto2

練習走行/ヒートで#8水庫#75鈴木が負傷でファイナル不出走となってしまいました。どちらもトップを狙えるタイムを出していただけに残念無念。 レースはスタートから#5佐々木が先行し、僅差で#13谷田部が追い#9金児#76濱田と続く。 中盤グループは各コーナーで目まぐるしく順位が変動するサバイバル。 特に前日の豪雨で乾ききってないダートセクションや荒れたジャンプの着地がライダーを苦しめる。 

序盤の混戦の中、クラッシュや転倒で#91多川#14吉田#98松本らが続々と最後尾近辺までポジションを下げてしまう。 更に#74長谷川はジャンプの着地で横っとびしてクラッシュパッドに突っ込む大転倒からレース復帰してポジションUPで再び大転倒と激しい展開で場内を沸かせた。 も少しカラダいたわりましょう。

終盤、先行する#5佐々木に何度も並びかけていた#13谷田部がダートバンクで痛恨の転倒、リカバリーに時間がかかりレースに復帰した際には#5佐々木ははるか先に先行されてしまう。これによりやすやすと2位に上がった#9金児とそれを追っていた#76濱田も同じバンクで痛恨の転倒。 観客の応援もむなしくエンジン再始動に時間がかかりポジションは4位のままチェッカーを受けた。

5位には今期、安定した速さ(ダート以外)をみせた#33山下。 6位には驚異の追い上げで#91多川が滑り込んだ。

http://www.mfj.or.jp/user/contents/race_result2007/motard/result/r07_moto2.html

ツヅキのひとがナイスなBLOGアップしてます

http://blog.livedoor.jp/tsuzukideath/archives/50470012.html

マシンもレポートも最速のTEAM CRF

http://www.teamcrf.com/modules/tinyd2/

|

« モテギ通信 | トップページ | 11月イベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モテギ通信 | トップページ | 11月イベント »