« アロンアルファCMプチ情報 | トップページ | さてさてOVERALLでしたが »

2007年12月20日 (木)

くっくくっ苦 KRAZy

Skrazy05 今年最後のKRAZyがデリバリーされました。 フリーペーパーですが尖った誌面の編集で独自路線を突っ走ってます。 モタード関連ショップや大型用品店だけでなくCAFEなんかにも置いてもらってたりすんですなコレがぁ

 

 

 

Skrazy0501 今回の巻頭では先日のアロンアルファのCM撮影風景が。 現場に潜入したKRAZyの中のヒトによるレポートがっ! ウチ的にはGAMES-TOKYOで死ぬ思いで作ったグラフィックのWR250Xがストリートでの撮影で使われてて、なんか報われてる気分です。 カッコ良く写ってまース! モデルもイケてるし!!

 

 

○アロンアルファCM撮影ウラ話

・撮影スタジオの床が傷つかないように用意されて敷き詰められてたパネルがKTMのパワーとウェイトに負けて表面のコーティングがはがれてしまって、タイヤのグリップがかなり怪しくてスタッフは撮影中止を覚悟したそうで。 そんな悪条件の中、助走距離がほとんど無いにもかかわらずストッピーを決めたtacちゃんの姿にスタッフ一同歓喜したそうで。

・壁にタイヤを接着するのは事前テスト無しの本番勝負だったそうで、ホントにあんな重量マシンのフロントタイヤがくっつくかどうかアタスも半信半疑でしたが、アロンアルファ方面の方々はさすがの技術集団で、正確な位置にさえタイヤがヒットすれば接着力に関しては全く不安は無い と自信満々だったそうで。

・以前のCMはトライアル車だったので、今回はロードレースに出てるようなカタチの大型バイクでアクションを撮影したいってオファーだったらしいんだけど、最近のオンロードモデルはコンパクトなんだよね実は。 色々なマシンが候補に上がって造形のインパクトやボリューム感を考慮にいれてKTMのマシンになったみたい。 問題は用意されたDUKE990が極低速でエクストリームやるにはギアの設定が高め(普通に乗る分には関係ない領域)で、歩くような速度でフロントタイヤを上げてのウィリー状態を安定させるのは困難を極めたそうで。 

・接着にあたっては、タイヤを押し付けた状態で数秒安定させてバイクをバランスさせた状態で真後にとび離れる事 って条件だけだったそうですが、フロントのブレーキロックやハンドルを保持する機構などは装備されてないので完全にライダーの技量オンリー! そのためにバイクの直立状態を少しでも安定させるためにリヤタイヤの空気圧を下げて、後はギヤを入れた状態でエンジンを切ってバイクから飛び降りてるんだそうで。

・で、言われて映像をよく見てみると、タイヤを接着面に当てた状態でボディアクションでフロントタイヤをグイグイっと押し付けてるtacちゃんに気が付いたり。 フロントタイヤの空気圧も下げたら接着面が大きくなるんんじゃないかと思ったら、タイヤって裏側にそっくり返っちゃうから却ってマズイそうで。

そんなワケで過酷な状況にも関わらず、バイクを一度も倒すこと無く撮影を終えたtacちゃんのプロ根性に現場スタッフは感動の嵐だったそうで。 

で、プチ情報

○今年のmoto1#1だった松本“やっしー”康が出演した『346BAR』って番組の映像が流れてる模様。 派遣忍者のBLOGはコチラ→ アブ特派員

あんまり関連してませんが

○首都高速の池袋から新宿までのトンネルが開通前に歩けるイベントがあった模様。 歩くのメンドイな モトコンポで走らしてくんねーかな とか思ってたら 1万人も集まってんのね → OTAQE'S WORKSHOP

○BS222のTwellVでMTVの人気番組『Pimp My Ride』が水曜18時30分から放映開始されてます。 BSアンテナ立ってれば無料ですからチェックチェック! 内容は簡単でボロいクルマの低脳オーナーのトコに人気ラッパーがのこのこ行って「へぃ め~ん クールなクルマに仕上げてヤルぜッ ひゃー ふー」つって勝手に改造する って番組。 出てくるオーナー自身や家族や仲間がこれまたアホ揃いで、ジャンクフードばっか喰ってると脳ミソとろけるな って実感する事うけあい。 さて腹減ったから深夜マックだな。 ピクルスとケチャップで野菜分補給はオッケーさ!

|

« アロンアルファCMプチ情報 | トップページ | さてさてOVERALLでしたが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アロンアルファCMプチ情報 | トップページ | さてさてOVERALLでしたが »