« 泣き言 | トップページ | 琵琶湖MOTO1 »

2008年3月31日 (月)

び 琵琶湖 終了

店主、体調不良のため、BLOG更新にもう少し時間がかかる模様。 まー キチンとしたレースレポとかは@エントリーさんとかで既にUPされてるので、そちらをご覧くださいませませ。 松の字さんも画像大量UPです。 (4月2日追記 @エントリー・フォトサービスでプロカメラマン木田さんの画像がUPされました。

_x9x0691 東京からだと東名高速でほぼ5時間、ETC深夜割引で¥5000チョイの道のり。 行ってきました滋賀県は琵琶湖スポーツランドのMOTO1開幕戦。 コースは菅生のカートコースを更に広く、そしてのどかさも3割増しなカンジ? そしてコースの切れ目から曲がりながら下って特設ダートセクションにつなげられ、再び本コースに戻ってくるレイアウトでした。

ダートは少し子砂利が出てましたが、逆に固く締まった路面で決勝の際の雨でもスタックするような状況は皆無で、モタードで使うダートの土質としてはかなり上質に見受けられました。 造成されたコーナーのバンクも本格的な角度と練り上げられた進入のレイアウトでインベタのラインとアウト側のバンクのラインの選択でどちらかに偏ることなく進入ラインが選べるのは観客側にとっても見応えのある展開でっス!

P1140586こーゆーフラットなダートの造成にはとっても手間がかかるのですが、かなり主催側のヤル気と気合いを感じますね。 会場で初めて知ったのですが、今回はライブカメラでネット生中継やってたのねー! ウチは徹夜明けでそのまま土曜深夜からガレージスプラウトの店長乗っけてブっ通しで運転してたので昼の雨降り始めくらいから2時間ほど気絶してたもんで、激しい転倒でJAWS増田の出走が危ぶまれる事態の頃はおねんねくーくー夢の中でしたナ。 増田くんダイジョーブ?ってなデンワを遠方からもらって、オイラがビックリだよッ・・・  知ってる?ニンゲンって寝ないとダメらしーよ!!

で開幕戦といえば、各ライダーそれぞれニューデザインのグラフィックを纏ったマシンを持ち込んでくるので、時々オイラもグラフィックなんか作っとるもんでやっぱし気になっちゃうもんねっ。 っつーか、URAN MARKINGシゴトし過ぎだろ っつー台数だよ。

uran marking

P1140571

P1140574P1140597P1140575

_x9x0638 _x9x0673

 

  

 

 

 

susie digits

P1140572

P1140570_2

S_x9x0656_2  

 

 

 

 

DIABLO

_x9x0651

 

 

 

 

 

KBF

_x9x0648

 

 

 

 

 

mad fish designs

_x9x0639

 

 

 

 

 

MOTO禅

_x9x0688

 

 

 

 

 

torino design

P1140573

 

 

 

 

SIGN NA

P1140715

 

 

 

 

 

jkdp

_x9x0730_2

_x9x0650 

 

 

 

 

 

ARTIERE(※ALL PAINT)

_x9x0685_2

 

 

 

 

 

moto2:

P1140601P1140618P1140604P1140606 P1140615 P1140627

 

 

排気量250ccの公道走行用市販車であるYAMAHA WR250Xで強豪ひしめくmoto2クラスにエントリーで大注目の高山選手。 ドライのコンディションだった予選タイムアタックでも抜群のタイムを叩き出し、フロントロー3番手に並ぶ。 『マシンの性能の違いが戦力の決定的でないことを教えてやる!』とか、どっかのひげおやじの高笑いが聞こえてきそうですが、装着されてるDELTAのマフラーは音量も92db弱だったとのことで、一際低い音量はパッシングの時にも大きな武器になるよね。 後をとられたのに気付かず、あっさりパスされたライダーもそれなりにいた模様。 レースの方はスタートから破綻の無い走りを見せた山下MAR選手が猛追する谷田部YATA選手を抑えきってチェッカーを受けて、moto2にスイッチした初戦で初優勝を遂げた。 仲間涙目・嫁号泣みたいな異常なまでの盛り上がりッ!

3位争いはレース終盤まで大西健太郎がリードを保ったものの、またもや1コーナーで激しい転倒を喫し後続の濱田が浮上するも痛恨のミスで高山が浮上するといった目の離せない展開のレースとなった。 ここらへん詳しくは濱田BLOGでドゾ!

unlimited:

P1140633 P1140644

P1140648 

今期も絶好調の#1小林好美選手がスタート直後から追走する橋本選手を引き離し、逃げ切りを計る。 店の売り物・アプリリアのSXV550に手をつけたガレージスプラウトの店長は『コケたら嫁にコロされる』とブツブツ唸りながら慎重な走りでチェッカーを受けた模様。 注目のフサベルに乗る高良・宝っち選手は不調でトップに絡めず、不本意な順位でレースを終えた。 

|

« 泣き言 | トップページ | 琵琶湖MOTO1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 泣き言 | トップページ | 琵琶湖MOTO1 »