« 竜也始動 | トップページ | 日光チャレンジ »

2008年3月 6日 (木)

ジェフ・ワード引退・・撤回

走るメイドBLOGから

NEWSソースはトロイリーさんちのヘッドラインニュースから

えーごなんかタルくて読んでらんねー ってヒトは ここいらへん でアドレス入力すると原文直訳でかろーじて読めるページに早変わりします。

要するに、一度は引退を決めたジェフワードだったけど、やっぱやり残してる事もあるし、オレ今年も走るワ っつーことみたいね。 X-GAMEもたのしみたのしみ。

Sjw

画像は一昨年のSUPER MOTO最終戦でのジェフワードとメカニックのマットくん。

スーパーバイカーズ発祥の地、アメリカで行われるモタードのシリーズ戦は現在ではSUPER MOTOという名称で開催されてます。 スーパーバイカーズって名称は80年代にテレビ企画で始まったレースなもんで商標登録がおさえられてたのでそのまま使うのが大変だったため回避された模様。

 KAWASAKIのマシンに乗ってスーパークロスで80年代から90年代初頭まで長期に渡ってトップライダーとしてのキャリアを築いたジェフワードは後に4輪のインディカーに転向して更に勝ち星を自己のキャリアに増やしました。 そして2000年代はじめにはプライベートで手に入れた型落ち02’あたりの年式のHONDA CRF450Rをモタード仕様に改造して、ひょっこりと旧友のトロイリーのところに遊びに来て「一緒に遊ぼうぜー」って誘ったんだってさー。

ジェフワードつったらカワサキってイメージが固いよね? なんでHONDAなの って訊いたら、ワードってキッズでモトクロス始めたホントに初期の頃はHONDAだったからなんだって。

ほんで、トロイリーもモタード仕様のCRF作って乗り始めたら、「こりゃー面白ぇぇえぇ!」ってハマっちゃって、シリーズ戦の開催にあたってAMA(アメリカのMFJみたいなレース統括団体)にあれこれ意見出してたら「そんなに言うならアンタが主催すればイイじゃん」って事になって1戦受け持つようになった ってのが経緯みたい。

一昨年、日本にワード達トロイリーチームご一行が来日した時に引受先のモトロマンの佐藤健二さんにサスのセットアップなんかを説明してもらってたりでとっても参考になりましただったけど、他の来日した二人はともかくとしてワード車はホントに特殊っつーか、フロントが(常識外れに)固いセットアップでかなり驚きでした。 スーパークロスではさすがに体力的な衰えを自覚するワードですが、ターマックの舗装区間での精密なコントロールはやっぱごいすー。

で、その固いフロント(ホイールサイズは16.5インチ)で直線でキッチリ車速を落として車体を寝かせている時間を極力短くしてコンパクトなスライドでマシンをがんがん加速させて前に出してくスタイル。 で、これにはマシンをがっちりホールドする強靱な体力が必要なのですね。 身長は170cm切るくらいのアメリカンライダーとしては小柄なワードですが筋肉ムキムキ、酒もタバコもやらないバイク馬鹿のゴリラ体型です。 

まー なんつってもレースってー実力の世界でオッサンが若いヤツいじめてるのは嬉しいもんさね。 今年は更に進化した円熟の走りが観れるんでしょー きっと。

昨年は別チーム(カワサキ系だっけ?)で走ってたキャシディ・アンダーソンもトロイさんちのチームに復帰でちょっと懐かしくて嬉しい顔ぶれのチームに戻って今シーズンを走る模様。

|

« 竜也始動 | トップページ | 日光チャレンジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 竜也始動 | トップページ | 日光チャレンジ »