« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月30日 (木)

モテギの1

土曜は練習走行だけでなくmoto3なんかも開催で活況だった模様~。 天候は微妙みたいでしたが。 前回の九州行きは家庭の事情で断念した@エントリーの中のひとも今回はキッチリ来場してたので公式なレポートは@エントリーみてもらえると嬉しいんだわサー

そんなこんなで、既にシリーズチャンピオンは決定したリラックスムードで、決勝の日曜はタイムスケジュールとイベントの都合でオールスター組は午後から出動なので、パドックでライダーと写真撮ったりサイン貰ってる人も多くてなんか和やかムード。 まー、一旦走り出してしまえばマッハで本気モードなのはどんなレースでもお約束ぅ~

で、moto2ではゼッケンが歳の数の#65になった林ひさし御大も登場! 

P1190232

しかし予選スタート直後のクラッシュで肩の脱臼!! 『今年のレース終わっちゃったよ~・・・』と悲しいコメントを残して観戦にまわりました。 映像だと紫のブレストガードが目印。 ブーツは懐かしのホールショットですクシタニです。(←しつこい

 

今回のモテギでは過去のレースとはガラリとレイアウトが変わり、ストレートを短くしてシケインを設けて第一ダートに突入させるようになりました。 短くなったとはいえ、スピードののるストレートからハードブレーキングでのクランク状のシケインの突入はかなり難易度が高く、スタート直後の進入はハラハラしましたがさすがに全日本戦ともなると大きな混乱は皆無でした。

一つ目のダートはターマックからの進入が鋭角で、その後は直進で再びターマックに戻って加速していくレイアウト。 ダートからの立ち上がりで土がターマックにも溜まっていくのとギヤチェンジのタイミングもあり、トラクションの稼ぎ方で差がつく難しいセクションでした。

インフィールドでも長い直線からのヘアピンが連続するので激しいスライドでの攻防が続きますが、観客側からは遠いのでいまひとつわかりにくいのね。そしてジャンプとバンクを含む第2ダートでは立ち上がりのバンクからの加速とその後のターマックでの複合コーナーでの切り返しでストレートの終速に差が出るので、精密なコントロールが要求される見所となってました。

映像はパドックウォークから予選まで。

 

ぺっとん豚は通りすがりのひとがみんな振り返る可愛さで思わず『ウマそぅ~』と声が漏れるほど。背中にでっかく『食肉』とかステッカー貼りてぇ。

で、かなり盛り上がったのがアンリミテッドクラス。 予選までは好調なペースでトップを独走するハスクバーナの#1小林好美選手を追うBMWで#69の和泉tac選手でしたが、決勝では渾身のスタートダッシュでトップを走る小林選手に喰らいつきパッシングに成功。

P1190393P1190390_2

そしてスタート直後にまさかの転倒(ちょとカッコわるい)で大きく差があいてしまった#2の千葉選手(XR650!)も鬼の追走でレース終盤にはセカンドグループに復活! スタート映像は同行の鷲津氏と相棒のエテ吉くんから頂きました。

<

 

P1190392P1190414_2まーこんなカンジで3位を巡る激しい争いが繰り広げられてたワケです。 重量車が3台並んでコーナーに進入するシーンは大迫力!

 

そしてトップを巡る2台の争いも毎周ギリギリのバトルでした。

P1190403_2P1190404_2 しかし、均衡を破ったのが小林選手本人。 和泉選手のイン側を狙いギリギリのスライドで寝かしていった1コーナー内側の縁石にステップが当たり、反対側に弾かれるようにハイサイドで投げ出されてしまいます。 これで右肩を脱臼してしまった小林選手は戦線離脱。 そのまま和泉選手は易々と独走態勢に。 

P1190276

P1190418_2

P1190423_2

 

 

そして後方では丸山選手がホームストレートの進入でフロントを滑らせてスリップダウン。 タイヤバリアに頭から突っ込む激しいクラッシュでリタイヤとなってました。

なんだかんだで和泉選手と千葉選手の仙台組がワン・ツーでフィニッシュという後の宴会ネタには最高のレースとなりました。

映像はmoto2予選からアンリミ決勝まででスー

ポンプシ>

| | コメント (0)

2008年10月29日 (水)

モテギでした。

さて、先日の10月26日はツインリンク・モテギで全日本スーパーモタード最終戦でした。

レポートの前にニュースと告知なんぞを

○大樂竜也Wウィン。 九州ロード選手権では全戦全勝のパーフェクトウィン達成! デーククラフト社長BLOG / DUNE MOTOオクサマBLOG

○11月2日は大阪の舞洲アイランドで8回目のオールディ・スーパーモタード開催です。 開催概要/告知(PDF注意) 過去の模様はこんなカンジで グライドライドBLOG / 岸田尊陽レポート 毎回、様々なブース出展がありバーゲンプライス大放出な関西クオリチーなので、買い物目当てで会場に行くのもアリだと思うのよね。

○11月3日スポーツランド菅生@仙台で#3みちのくモタードパーティ開催。 MMPBLOG 割引になる事前エントリーは締め切りになってますが当日エントリーも可能です。 多彩なコース設定で走りのレベルアップに。

○11月22日に桶川スポーツランドで開催されるモトアヴァンティ・エンジョイフェスティバルの参加者募集開始。 恒例になりましたMAEFも今回で回目。 とりあえずモタードってーのはどんなものか体験走行してみよなレベルからトップライダーまで万遍なく楽しめるまさにエンジョイのフェスティバル。

まー 覗きに行くだけでも楽しいと思うんダ。

追記

○11月2日にLOVE+MOTARDの第二弾が開催なのですが、既にエントリーは締め切りであります。 駐車場が無いので見学はバイクでよろしく と。 クルマだと結構離れた場所に停めて歩くことになるワケさ

| | コメント (0)

2008年10月23日 (木)

週末は~

ツインリンクモテギで全日本スーパーモタード最終戦ですね。

同じ日程で菅生では全日本MXの最終戦だし、客層とエリアが被るイベントを重ねるのは勘弁してほしいところ。 ところで、以前に紹介したMAD RIDERZ(youtube LINK)とは別の話で映画の撮影が入るというニュースがKRAZyでも紹介されてましたナ。

未だ詳細は不明ですが、幾つかの噂話では_主人公はモタードのレースで頂点を目指すライダー/現役の全日本パイロットが4~5人がバトル用の撮影で招集/お約束のグラビアアイドル登場等々。 ぇーっと、ぼくわひんにゅうなこがスキです。 迫力の映像を期待しちゃいます。←あ、バイクの走行シーンね

| | コメント (1)

阿部典史(ノリック)追悼番組

今月末の10月29日にNHKのBS-hで夜8時からスペシャル枠でノリック追悼番組が放映予定です。 動く姿はテレビで観ることしかできないんだよね もう  さ

| | コメント (0)

2008年10月19日 (日)

今年もGAMES! 最後のお台場!!

かなり急な告知ですが、11月の29日・30日、東京お台場でGAMES TOKYO 2008の開催が決定した模様。
  
全日本スーパーモタード特別戦やFMXも当然のごとくプログラムに組み込まれてますねー 楽しみ楽しみ。

http://www.games-japan.com/

主催が東京MXテレビになってるのでCMとかもバンバン流れるのかしらん?

前回のレポートなんか書いてたのねオイラ・・・ と忘れてたのでリンク 2007GAMES

| | コメント (0)

2008年10月18日 (土)

その5_オマケの竜也盛り

某所からの指令により 『竜也もっと観せなさいよ_ゴルぁ!!』 との事で竜也スペシャル。

 

P1180086P1180113 P1180262_2P1180240P1180238_2P1190164_2

 

 

 

 

なんか、既に追っかけのコとか何人か会場に来てるんですけどー!

P1180004_2

DUNE MOTO店内には竜也をエントリーさせるために募った募金箱がありました。

現在、ロード系のショップであるデーククラフトでバイトしながらST600クラスにエントリーしてる竜也がスポットとはいえ全日本スーパーモタードにエントリーするためにはどうしても資金が足りません。

マシンを貸してくれる人/スペアマシンを提供してくれる人/整備や手伝いに立候補してくれる人/レースが終わってから一緒に呑んだくれてくれる人・・・ みんな竜也の走りが観たい、それもモタードの。

レースのリザルトは残念な結果でしたが、それでも最後まで走り終えた竜也にチームのみんなも満足気でしたね。

スポンサーを募って走る以上は結果を出すことが最優先ではありますが、人を惹きつける力があるというのも重要な資質。

と。

| | コメント (0)

その4_よーやくmoto1決勝なセキアヒルズ

だって1週間寝込んでたんですもの。アタマん中の日付がワープしてますのよ。

P1190104

P1190084P1190074P1190075_2

P1190076P1190077

 

 

 

moto1決勝ではスタートから#5星野優位と#4松本YASSYの激しいドッグファイトが続いてました。moto1既に貫禄すら感じさせる優位の安定した走りに激しくチャージするYASSYでしたが、レース中盤にダートから舗装区間のターマックセクションに出る路面の段差でヒットしたフロントホイールの歪みでパンクしてしまい、ペースが上がらなくなってしまいました。 注目の#1大樂竜也はフロントローからのスタートながら中盤からマシントラブルでペースが上がらなくなってしまい大きく後退してしまいました。ダート入り口で一人だけジャンプしてるのが変ですね。走り方の個性豊かなモタードライダーの中でも一際走行ラインとアクセルオンのタイミングが違います。

P1180699 スタート直後は泥が溜まり徒歩でもヌルヌルで滑りやすかったコーナーのインベタラインですが、雨足が激しくなって洗い流されるとともにグリップが回復してきます。レース中に目まぐるしく変化するコース状況に対応して周回毎にライン取りを変化させるトップ集団。#4JAWS増田選手は3位を走る#2佐合選手を射程に捉えながらパスすることは出来ずに4位でチェッカーを受けました。

 

P1190137_2_2P1190106 フロントタイヤがパンクしたままでトップを走る優位に激しく食らい付くYASSY。そして背後に迫る佐合。息詰まる展開はラストラップまで続きましたが、結局順位を入れ替える事なくチェッカーフラッグが振られ、星野優位がシリーズチャンピオンを決めました。今回のレースを落としてしまうと最終戦のモテギでは同じ日にSUGOで開催される全日本MXに出場しなければいけない星野はこのレースで決めなければいけないプレッシャーのかかる局面なのでした。決勝前にモトロマンの佐藤健二監督がボソっと「走りのバリエーションが多彩な佐合くんを序盤でどれだけ引き離せるかが勝負処」と言ってたのがそのままその後の展開に出ました。さすがの重鎮!

P1190103 リザルトでは目立たない順位でしたが、今回の台風の目。地元九州のYRT+DUNE MOTOからエントリーの中村選手。マシンはRM250。2stですよガソリンに油混ぜて走るんですよ!IBバリバリのMXライダーなのだそーで、アクセルの開けっぷりも転びっぷりも激しーの。トップ集団に肉薄するスピードを見せつけたかと思うと見事な散りっぷりで再スタートも鬼の速さ_とドラマチックな展開でした。2サイクルエンジンだとアクセルオンのタイミングが早いので、後ろにつかれたライダーは特徴的な排気音でちょっとイヤ~んな気分だったそーでース。

P1180904 で、肝心のDUNE MOTOの川上さんはマシントラブルで決勝は不出走なDNS。雨天のレースでツキまで流されてしまったのでしょか?先取り開発のインジェクション開発のCRF苦難の歴史はコチラへんで見てみると楽しーと思うんだ。BAJAに参戦経験もある奥様のBLOGもなんかあったけー感じで素敵でござーますのことよ→気ままにダイアリー

 

で、本戦動画チビっと

| | コメント (0)

2008年10月15日 (水)

セキアその3_moto2決勝

頭痛ひどくて寝込んでたり、中年の年末はなかなかに厳しー日々です。

セキアヒルズのリザルトはMFJのサイトなんかを見てほしーの。

P1180988 今回moto2で目立って元気よかったのが九州からCRF250Rでエントリーの#48上野太輔(たいすけ)選手。 ダートのこなし方もレベル高くて、てっきりMXライダーかと思ったら、エントリー元のDUNE川上さん曰く、「最近モタード始めたばっかりでダートの経験はほとんど無いよ~」との事。 んー、時代を先取るニューパワー! で決勝でもスタートで後方から6・7番手あたりまでジャンプアップしてきたり、ダートでの転倒で順位をがっぷり落としたりしてましたが、最後まで気力が途切れない気迫の走りをみせてくれました。 若いっていいニャぁあぁあぁ

P1180997

P1190046_2

決勝スタートのグリッドでリヤショックの異変に気がついたという#5水庫選手。 治りかけの骨折の手にテーピングでのエントリーなので、危険を感じたら即リタイヤを考えていたそうですが、リヤがリジッドでも意外になんとかなるなー とか思ってた矢先にジャンプで激しく横っとび。 転倒で大きく順位を下げてしまいました。アプローチで既にリヤが逃げて斜めって跳んでしまって、更に着地の路面も水が溜まってぬったぬた。 リカバリー不可能なウィップですねー。

P1190041_2で、今回も注目の公道用市販車WR250Xでエントリーの#70高山選手。 雨天で他のレーサーベースのマシンとは比較的パワーの差が出にくくて多少は有利に働くかと思われましたが、180°のつづら折れなヘアピンが連続するセキアヒルズのコースレイアウトでは厳しかった模様。 はじめの一歩でもう少しドンって前に出てくれるとラクになんだよなー ってボヤく高山選手でした。

 

P1190051

P1180985

P1190037_2 

 

 

 

きっとなんかイタしてくれる筈・・・という大方の予想を裏切り、終始安定した走りでレースを終えた#10濱田選手。 なんか事件が起きないとハマちゃんっぽくねーやぃ と心でつぶやくオイラでした。 キッチリ走るとやっぱ速いのよねぃ ヤレばできる子なの。/序盤でトップに立ったものの終盤で#1佐々木選手にパス されてしまい、痛恨の2位でチェッカーを受けた#2の谷田部選手。 今回は静岡の大河原レーシング集合で御大も同行。 「やー モタード楽しいなー」と朝からご機嫌な大河原レーシング総帥の姿が。/特徴的なフォームと驚異のバランス感覚で絶妙なコントロールな#1佐々木選手。 シリーズチャンピオン決定です。 

にしても今回のTOP3の安定したハイペースと行き詰まる静かなバトルはもの凄い緊張感でした。 抜きどころが少ないと言われるセキアヒルズのコースですが、逆に言えばワンミスが命取り。 特に今回のように激しく天候と路面状況が変化するなかでのトップ争いは均衡が崩れる瞬間のせめぎ合いがスンゲーのよさーねぃ。

動画チョビっと

  

 

| | コメント (0)

2008年10月10日 (金)

セキアその2

決勝当日のパドック風景とタイムアタック/予選までの動画です。 撮影中にズームがきかないデジカメ動画をつなげただけですが、雰囲気は感じてもらえっかなー と。 約10分あります。

| | コメント (0)

2008年10月 8日 (水)

ハズレでも本場で食う博多ラーメンは格別なのダ

例によって意識もーろーとしてたらなんかセキアヒルズに着いてた よーな気がする。

土曜は晴天だったのにねぃ

あ 星野優位選手、シリーズチャンピオンおめでとーございまス。 

さて、いきなりネタバレでリラックスしたなーもー で九州MOTO1レポートその1

P1180256_2 ひさびさのMOTO1。 そして今年初のMOTO1#1の大樂TATSUYA。 ST600マシンとは加速感とスピード感が違っててイマイチ走りのリズムが掴めないんでー とかいいながらキレのある走りは健在。

 

 

P1180392 今回は仙台から飛行機で往復。 九州の外車ショップ・GOLDENSMITHさんでKTMを借りてアンリミテッドクラスにエントリーの#2千葉選手。 いきなり真横向いてコーナーに進入してます。 走行後は中州で呑み歩き。 また仲良しな人達を増やした模様。 次回は何を借りるのでしょうか?

P1180169_2 快調にペースを上げていたmoto2#94尾崎選手。 ダートで転倒した#7ミッキー選手が砂埃で見えずにハイスピードで突っ込んでしまい、足の指が折れてた模様で日曜の本戦はキャンセル。 せっかく九州まで行ったのにねー。 更に#4の山下トモキック選手にも轢かれてミッキー選手はマシンも身体もボロボロ。 不死身な姿はSHINYOブログでごらんください。

P1180421 練習日夕方には昨年までエントリーしてたMASSIと兄貴がピットを見学にブラブラと。 金児隆太と逆光ショットで1枚。

 

 

 

P1180431 一夜あけて降雨開始。 各ピットでは慌ただしくセッティング変更やらタイヤ交換で大忙し。 画像はmoto2#9DRZ400で走る吉田選手とメカで同行のグライドライド社長の藪田氏。 この後、プラグキャップのカバーに詰まった泥で失火/エンジンストールという分かりにくいトラブルでどんよりムードになります。

 

P1180910 マシンに引き続き、キャンギャルも別の方に用意してもらってご満悦の千葉さん。 キャバレンジャーは全国でモテモテです。 楽しく大人のエロ遊びが協力者を増やすのです。

 P1180458

地元九州からエントリーのmatsuRさん。意外と九州ではモタード走行できる機会が少ないそーで、苦労談はmatsuR_BLOGでー ドゾ。 更に練習の機会が少ないモタードのマディ路面にかなり手こずってた印象であります。

 

P1180767 予選ヒート、ジャンプの着地で激しい転倒を喫したアンリミ#1小林好美選手。 迎えに降りた救急車を『全身泥まみれなんで汚しちゃぁ悪いから』と断り、ピットまで足をひきずりながら戻ったりする。 タクシー代わりに119番に電話する全国のバカちんに爪の垢でも飲ましてぇ。 で、本人曰く半月板損傷っぽい との事で決勝は出走断念。 既にシリーズチャンピオンは決めてるが、最終戦モテギはなん としても走りたい との事。

P1180953_2

MX界の名門・うず潮レーシングからエントリーの#28池田選手。 予選まで三つ巴で白熱のバトルだった#1小林選手は負傷で決勝はDNS、そして#69和泉選手は一時トップを走ったものの(大方の期待通り)転倒で、難なくトップを快走。 貫禄の安定した走りでチェッカーを受けた。  

 

 

P1180974_2

決勝では3度の転倒でマシンもライダーもボロボロの#69和泉選手。 ボッボボと変な排気音を響かせてブービー争い。 辛くも抑えきって最下位は免れたものの激しいレースにぐったりとピットに戻る。 一応フォローしとくと、池田選手他のKTMに比べると70kg近く重い車体のBMWはスリッピーな路面でのコントロールは至難の技。 だったらもっと軽くて速いマシンにすりゃーイイじゃん って? アンリミはソコが面白いトコなんじゃーん!

P1180955_2

今回ダークホースとなった地元九州からエントリーの#6淀川みのるちゃん。 エリアチャンピオンの面目にかけて、去年はMC恩田に「(小林)好美ちゃんに負けたらボーズな」のプレッシャーに耐えられず、転倒→ボーズの一直線。 今年は「好美ちゃんいなくなったから、(和泉)tacちゃんに抜かれたら、みのる先輩としてパンチパーマね」の宣言に会場も大いに沸いた! 決勝では和泉tac選手の転倒で一時はトップを走るという大快挙!。 池田選手にパスはされたものの、観衆の期待を裏切りそのまま2位でチェッカーを受けた。

見たかったなぁ~ みのる先輩のパンチ。

オマケ:予選ヒートで淀川選手1回転の図。

他のビデオも編集完了したらUPしま~ス。 それと、+MILEAGEで菅生ラウンドの模様がほんのチビっと観れます。 サンヨーXactiでにぎにぎ撮るでサンプルに動画も入ってます。 アプリリアSXV450で走る金児隆太のスタート直後の転倒シーン。 夢に出るから、夜に観たらおしっこチビっちゃうよーん

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »