イベント

2009年4月 5日 (日)

エバーツ!

レッドブルのイベントでWRCチャンプのローブを撃破! なんつって、今回は同じ4輪の土俵ではなくてエバーツはバイクだったみたい。 こんな悪コンディションでバカですねー もーサイコー! 詳細はWRC中心に語りまくる『電脳Maximum Attack!!』でどぞ。 過去のモトクロスなんかにも触れられててクロスオーバーな情報がステキなBLOGなのですが、一次情報というか大元の原語サイトにもリンク貼ってほしーなー とか他人様の粗はよくほじれるよなーオイラ。

動画のリンクはシトロエンのラリースポーツページから入って、イギリス国旗をクリックすると出てくるメニューで『INSIDE TEAM』→『WEB TV』で出てくる動画一覧の中に『Loeb Vs. Everts-Grammont』があります。 

エバーツが何気に縁石をバンク代わりに使ってますが、普通の公道でマネしちゃーいけやせん。 排水用の凹みにフロントとられてエライ目にあったりします。 ご利用は計画的に。

| | コメント (0)

2009年4月 3日 (金)

もーいぐづ寝ると

○本日金曜夜10時30分よりTOKYO MXテレビでGAMES TOKYOの模様が放送されるもよー

○4月の11と12日はMOTO1開幕戦です。 愛知です。 美浜です。
主催の大英断です。
不景気だー つって文句だけ口にするよりも新しい事を仕掛けていく気持ちに感謝でッス 

エントリーリストがpdfなのでテキストで書き出してみる

moto1
ゼッケン 氏名    エントリーネーム チーム名  マシン名           所属県
1 星野 優位 ユウイ Team CRF Family & KBF RS ホンダ CRF450R 埼玉県
2 佐合 潔 サアイキヨシ HONDAブルーヘルメットMSC&SAAIRACING ホンダ CRF450R 埼玉県
3 松本 康 yassy AgipHusqvarnaRACINGWORLDwithCPsports ハスクバーナ SM450RR 長野県
4 増田 智義 JAWS ジョーズレーシングヤマハ+レアルエキップヤマハ YZ450F 静岡県
5 三苫 進 三苫 進 GARAGE OPB&Absolute racing supported byCGファントムホンダ CRF450R 三重県

6 金児 隆太 RYUTA チームレアルエキップアプリリアアプリリア SXV450 静岡県
7 大塚 忠和 大塚 忠和 Te's倶楽部withハスクバーナハスクバーナ SM450RR 埼玉県
8 池田 孝宏 池田 孝宏 Orange Clubうず潮レーシング福山KTM 450SMR 広島県
9 金児 伸二 K's カネコ モトスポーツK's ハスクバーナ SM450R 長野県
11 森田 一輝 森田 一輝 SRF SPORT&highsidejunkies スズキ RM-Z450 宮城県

13 金児 敏之 K's トシ TEAM アクトカワサキ KX450F 長野県
16 谷田部 高則 yata チームフィンガーオートヤマハ YZ450F 埼玉県
17 水庫 由喜 MIZUKURA Team CRF & KBFRS ホンダ '09CRF450R 埼玉県
101 佐々木 貴志 sasayan DIABLO with WADATAKU ホンダ CRF450 埼玉県

moto1オープン
1 小林 好美 cobbe Te's倶楽部withハスクバーナハスクバーナ SM450R 埼玉県
7 高良 昌史 高良 昌史 柿の葉寿司 杉本(KAZ) カワサキ KX450F 大阪府
9 浅石 厚 NAOHARU TEAMアクトカワサキ KX450F 長野県
10 浜田 健夫 浜田 健夫 森川レーシング&サンビシモータースホンダ CRF450 三重県
12 増成 誠二 増成 誠二 笠岡GREENMONSTERS KTM 450SMR 広島県
13 福沢 武 TFメッツガー TEAMアクトハスクバーナSMR450R 長野県
17 木下 裕規 木下 裕規 team motoexride & KAS ホンダ CRF450R 兵庫県
18 溝口 秀也 ファントムしゃちよ C.G.PHANTOM RACING アプリリア 550SXV 愛知県
19 小倉 浩靖 モトフェイル  オグチーム モト フェイルヤマハ YZ450F 愛知県
20 太田 渉 WATARU F-factory&バナナハンズホンダ CRF450 岡山県
21 渋井 健 シブケン BEAST EYE RACING Club MotoRoman ホンダ CRF450R 東京都
22 深江 俊文 フカエトシフミ Orange Clubu うず潮レーシング福山2009 KTM 450SMR 兵庫県
26 木村 夏也 木村 夏也 EXPRESS-SENRI ハスクバーナ 愛知県
29 古田 浩 古田 浩 グライド ライド レーシングスズキ RM-Z450 大阪府
32 倉富 崇 TOMMY (トミー) PHANTOM RACING ヤマハ YZF450 愛知県
33 川留 健一 KEN BramRacing ホンダ CRF450R 東京都
35 田端 慶輔 田端 慶輔 プラスワンカワサキ KX450F 和歌山県
42 坂牧 隆夫 タカオ BEAST EYE RACING Club MotoRoman ホンダ CRF450 埼玉県
59 中野 匠 タクミン オオパーツレーシングTeam Olive&関西ドリフターズホンダ CRF450R 兵庫県
67 鈴木 弦也 GEN ハスキーウエスト SUPERMOTO ハスクバーナ SM450R 京都府
72 村上 晃 フォルゴレ Team Holstein ホンダ CRF450 長野県
98 ben bassat micky micky CP sports/moto禅レーシングホンダ CRF450 東京都


moto2
2 MOTO2 山下 政弘山下マーアルタイヤ ハスクバーナ レーシングチームハスクバーナ SMR 静岡県
5 MOTO2 高山 直人タカヤマBEAST EYE RACING Club MotoRoman ホンダ CRF250R 群馬県
6 MOTO2 多川 潤多川 潤MOTO禅 x Kei's x C.M.A. 東京都
12 MOTO2 吉田 和司吉田 和司グライドライドレーシングスズキ DRZ400SM 大阪府
13 MOTO2 岸田 尊陽TYCOON RACINGWORLD with GLIDERIDE ホンダ CRF250R 大阪府
16 MOTO2 大西 健太郎スポンジタロウ98%RACING&FENNEC スズキ RMZ250 愛知県
18 MOTO2 迫田 旭クラブRP,BEAR & CUSTOM2 ヤマハ YZ-F 静岡県
19 MOTO2 森本 圭112Kei チームエクスタイル+SPEED-MASTER ヤマハ YZ250F 高知県
23 MOTO2 大場 和樹オオバMAG Racing ヤマハ YZ250F 宮城県
24 MOTO2 増田 浩志HIROSHI RPベアー&RCエレファンツハスクバーナ SM400R 静岡県
27 MOTO2 深澤 昌弘深澤 昌弘深澤自動車スズキ RM-Z250 静岡県
28 MOTO2 杉山 準JUN RPベアー&カスタム2 スズキ RMZ250 静岡県
32 MOTO2 栗本 英光栗本 英光C.G.PHANTOM RACING ホンダ CRF250R 愛知県
33 MOTO2 山田 啓二山板金RSFレーシングスズキ RM-Z 広島県
34 MOTO2 河野崇史B&C男☆中澤塾×COSMIC SPEED ヤマハ YZ250F 埼玉県
35 MOTO2 三浦元紀motox ナガサカレーシングヤマハ YZ250F 愛知県
36 MOTO2 栗本 志能武栗本 志能武MOTOWORKS ヤマハ YZ250F 広島県
37 MOTO2 神田 崇神田崇MOTOWORKS ヤマハ YZ250F 岡山県
40 MOTO2 大神 英敬大神 英敬F-factory ホンダ CRF250R 広島県
63 MOTO2 竹下 位里APEX TRW-Racing KTM 400EXC 愛知県
69 MOTO2 高橋 信人高橋 信人M-TECH スズキ RMZ250 京都府
76 MOTO2 添田 雄一添田 雄一Amuse@モトファクトリースズキ SK44A DRZ400SM 大阪府
77 MOTO2 黒川 温広黒天使 (ブラックエンジェル) RSFレーシングスズキ RMZ250 広島県
80 MOTO2 八重幡 更三ヤエハタ コウゾウK&YRY ホンダ CRF250R 千葉県
81 MOTO2 浜岡 哲義浜岡 哲義ヤマハ YZ250F 大阪府

| | コメント (0)

2008年10月23日 (木)

週末は~

ツインリンクモテギで全日本スーパーモタード最終戦ですね。

同じ日程で菅生では全日本MXの最終戦だし、客層とエリアが被るイベントを重ねるのは勘弁してほしいところ。 ところで、以前に紹介したMAD RIDERZ(youtube LINK)とは別の話で映画の撮影が入るというニュースがKRAZyでも紹介されてましたナ。

未だ詳細は不明ですが、幾つかの噂話では_主人公はモタードのレースで頂点を目指すライダー/現役の全日本パイロットが4~5人がバトル用の撮影で招集/お約束のグラビアアイドル登場等々。 ぇーっと、ぼくわひんにゅうなこがスキです。 迫力の映像を期待しちゃいます。←あ、バイクの走行シーンね

| | コメント (1)

2008年7月12日 (土)

竜也が筑波にやってくる

エビスMOTO1の締めはも少しお待ちを

で、今年の大樂竜也は何してんの? ってなことで、実はST600参戦中なワケですがYAMAHA期待のルーキーとしてものすげーGOODな待遇で既にロードレースFANのハートをがっちり掴んでいる模様。

各地で行われてるYAMAHAのライディングスクールにもゲスト講師やデモランライダーとして出演してたりすんですね。 7月15日(火)は岡山国際 8月7日(木)が筑波サーキットで開催です。NEWS2UNET

関連サイト

手延べ麺の道+趣味育児日記 / The smell of sky その2 / FMK Morninggroly / デーククラフトBLOG

Sokayama_rd3 入手したリザルト画像は岡山国際での初レース。 3位走行中に2位を抜きにかかったらハイサイドでブっこけてコースアウトしちゃってすぐにレース復帰したのでなんとか5位に滑り込んだという展開だった模様。 モタードの頃と全く変わってないキャラですナ。

それでも転倒直前の周回で一人だけ50秒を切るファステストのLAPを記録してるところがTATSUYAクォリチー ってトコで。

本気でMOTO-GPまで駆け上がっちゃうかもね!

| | コメント (2)

2008年7月10日 (木)

さーせん

Sssopb

moto1レポートほっぽらかしで こっち にお台場レポ書いてました。

それと、エビスサーキットのMOTO1の模様を撮影した『てっぺーさん』からまたもや画像提供していただいたのでこちらも近日UPの所存。

ちょっとステッカー作りではない方の仕事がスケジュール詰まっててBLOGの更新はまたまた少々ほんの少し時間がかかっちゃうような気がする予感~

刮目して待たれよ!

| | コメント (0)

2008年7月 5日 (土)

さて 明日7月6日はお台場で

イベントだよ~ん!

http://challenge-miyakejima.com/special/preevent/index.html

ここらへんが説明詳しいかも

http://blog.livedoor.jp/coo_ray_four/archives/51443421.html

| | コメント (0)

2008年6月 5日 (木)

漏れ~

Scimg1425

 

 

 

 

 

○マルチプレックスの無い今年の夏に東京都からビッグプレゼント!

チャレンジ三宅島08 IN お台場

○公開を控えたMAD RIDERZの動画がYOUTUBEでUPされました。 音楽はDJ DRAGONさん提供でありまス。

MAD RIDERZ TRAILER

一瞬映るTACちゃんキックを見逃すな!

追記)6月5日22時時点で映像が観られなくなってます。 ただ今、確認中。 →解消された模様。 なんだったんでしょ?

| | コメント (0)

2008年4月25日 (金)

トミー!

○世界戦参戦第2戦イタリア戦線~トミーBLOGより

昨年はアブソリュートレーシングなどからスポットでMOTO1走ったり、仙台で入院したり色々と激動のレースシーズンだった富田 真司選手が世界戦の2戦目・イタリアに参戦が決定の模様。 公道育ちの適応能力がどこまで発揮されるか楽しみですニャー。 SHINYO BLOGでもトップ争いをしていたライダーが不在となっても著しくレベルアップを続ける世界戦の模様が紹介されてますが、公道上がりの(比較的)身近なライダーが世界戦でどこまで食い込めるか、一つの目安になる出来事ですね。 応援してます陰ながらー

○今週末は川越で全日本MXっつーのもありゃーすが、仙台ではモタードパーリーです。だーぬぽでも紹介しょうーかい。

○関西モタード講習~GLIDERIDE BLOGより

5月10・11日に舞洲で開催されるスズキ・フェスタでケガしにくいドリフト練習法のレクチャーが。 毎年恒例のモタードデモランやAD/tacちゃんのエクストリームショーなんかもありますねー。 そして、お楽しみの処分価格の目玉商品が毎回スゴイのがバーゲン放出です。 ゴゴゴGO!で。 そして今月の24日に開催のファンライドスクールも受付開始です。

○5月6日(予定)

伊那サーキット走行日。各地のモタードライダー集結で練習日な模様。 YASSY曰く『レース日以外でいろんなライダーが集って走ったら面白いなー と思って』との事。 講習会というワケではないですが、練習走行してトップライダーの走りを参考にしたり、走り方の質問なんかしちゃうのは全然オッケーなのね。

| | コメント (0)

2008年3月 7日 (金)

日光チャレンジ

宇都宮の日光サーキットで開催されてる日光チャレンジの概要が発表されてます。 3月30日はダート無しのスーパーターマックとビッグスクーターの耐久レースが併催! → 日光チャレンジ・エントリー詳細

Ssc1

 

デケースクーターでレースぅ? 何? 楽しーのー? とかいぶかしがる人もいますけど、どんなマシンでも競争すると楽しさがまた別次元なんですよ コレが。 パワースライドするヒト とか、ハイサイドでとんでくヒト とか スクーターとは思えない楽しい光景が観られます。 当日はスクーターで来場したヒトに体験サーキット走行(無料)の枠も設けられてるみたいなので、観戦オンリーでも楽しみUP!

| | コメント (0)

2007年12月 3日 (月)

来期

さよならッ、デンスケ! ってコトで涙の週末を引き篭もりで過ごしてたりして・・・

来期のMFJレースカレンダーが発表されてます。 ダートラの冷遇っぷりは相変わらずですがモタードもどーしてx2

○主要競技会

   <スーパーモタード - MOTO1オールスターズ>
   第1戦   3月30日   滋賀県・琵琶湖SP
   第2戦   4月20日   長野県・伊那サーキット
   第3戦   6月1日   広島県・タカタサーキット
   第4戦   6月29日   福島県・エビスサーキット
   第5戦   8月3日   宮城県・スポーツランドSUGO
   第6戦   9月7日   愛知県・美浜サーキット
   第7戦   10月5日   熊本県・セキアヒルズ
   第8戦   10月26日   栃木県・ツインリンクもてぎ

主要競技会 って扱いがいまいちワカンネーでっす。

2)全日本選手権
   <ロードレース>
   第1戦   4月6日    栃木県・ツインリンクもてぎ
   第2戦   5月11日   茨城県・筑波サーキット
   第3戦   5月25日   大分県・オートポリス
   第4戦   8月24日   宮城県・スポーツランドSUGO
   第5戦   9月7日    三重県・鈴鹿サーキット
   第6戦GP  10月5日   岡山県・岡山国際サーキット

   <モトクロス>
   第1戦   4月13日   奈良県・名阪スポーツランド
   第2戦   4月27日   埼玉県・オフロードビレッジ
   第3戦   5月11日   宮城県・スポーツランドSUGO
   第4戦   5月25日   広島県・グリーンパーク弘楽園
   第5戦   6月8日   熊本県・HSR九州
   第6戦   7月6日   北海道旭川・わっさむサーキット
   第7戦   7月20日   岩手県・藤沢スポーツランド
   第8戦   9月7日   奈良県・名阪スポーツランド
   第9戦   10月12日  広島県・グリーンパーク弘楽園
   第10戦GP  10月26日  宮城県・スポーツランドSUGO

12月1日から放送を開始したBS11ですけど、NHK第二の後釜ではなくてBS211チャンネルに入ってました。 30代以上の上質な大人をターゲットにした番組をラインナップ とのことですが、ご多分に漏れずショッピングチャンネルの比重が高いですね。 期待していたモーターステーション(日曜夜放映)も丸山浩さんがナビゲーターとの事でモタードやFMXにオフロードなんかの扱われる可能性はかなり低い模様。

ダーヌポでGAMES_TOKYOの感想サイトのリンクが増えてます。リンクページ 中のヒトの感想はコチラ

○お台場で初めてヤマハのWR250Xが実走するのを観ましたが、実際アレすごいですよね。 工場出荷から軽く前後のサスペンションを調整してるだけの状態でお台場の特設ジャンプ跳びきっても着地の時にグシャとかシャカとか変な音が出ないんですもん。 ヤマハ・オフロードBLOG

フリーライドマガジンで編集長が書いてたように、動力性能だけが目当てなら既にモトクロッサーを所有している人が買い換える意味は無い と。 けれども、現在の社会状況で公道を気兼ねなく走れるというナンバー付きのマシンとして考えるとこれより上のマシンは今のところ存在しないという事実。 レーサーがベースとなっている外車や逆輸入車では性能と引き換えにそれなりのメンテナンスが必要になります。 価格的にもこうした外車や逆輸入車と従来の国産トレール/モタード車の中間くらいの設定になっていますので、ここは素直に選択肢が増えた事を心から祝いたいと思います。

D-traの独走状態にある公道モタード車の250ccクラスですが、ノーマルを基本で乗るならXT250もかなりバランスが良くて乗り易かったりもすんですが、後はスタイリングの好みですけどねー 。 自分みたいな年寄り的には、往年のDT200WRが発表された時のような衝撃的なデザインを期待しちゃってたので、新しいWRは(特に青)あんましXTから変化してないなー 的な印象でしたが、今回のお台場で増田くんが乗ってた黒外装にゴールドのマルケジーニ装着車はなんてーか艶っぽさっとゆーか んー ・・ ビビビ とキました。 リヤは5.00のホイール&タイヤ装着でしたがスイングアームとのクリアランスにまだ余裕がある事に新時代のマシン作りだなー なんて感心したり。 タイヤが太くなりシルエットが低重心になる事でタンクとかサイドカバーの比率が相対的にバランスが良く見えるんですね。 フロントフェンダーはエグイ形状のもっと小型のタイプに変更したら面白いかも なーんてすっかり買ったらどーしよモードに入ってしまいました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧